■鋼管杭・鋼管矢板・コンクリート杭などの打設・引抜工事
 *中掘圧入・打撃工法
 *ジェット併用工法
 *プレオーガーセメントミルク工法
■鋼矢板・H形鋼・コンクリート矢板の打設・引抜工事
 *バイブロハンマー工法
 *油圧圧入工法
 *ジェットカッター併用工法
■その他無振動・無騒音工法による各種杭打設・引抜工事
■仮設橋梁・仮桟橋・構台の架設解体工事
■場所打杭 工事

 *ベノト工法
 *リバースサーキュレーション工法
 *アースドリル工法
 *BH・PIP工法
■深礎工法
■砂杭工事
■硬質地盤におけるパーカッション・コアビットなどによる各種基礎工事
■海上・河川の台船上における各種工事
■掘削・土留め安定計算・施工計画
■載荷試験・X線試験・土質調査その他
■各種材料の販売および仮設材料のリース

 *鋼管杭・鋼管矢板・鋼矢板・軽量鋼矢板・各種H形鋼・ライナープレート
 *コンクリート杭・コンクリート矢板
 *山留材料・桟橋その他重仮設用材料
■機械の販売およびリース
営業拠点及び関連施設
本社・埼玉営業所 埼玉県北本市深井4-188
〒364-0001
TEL.048-541-2653(代表)
FAX.048-542-7168
saitama@takawaki.co.jp
技術部 埼玉県北本市深井4-188
〒364-0001
TEL.048-542-2647(直通)
FAX.048-542-7055
tech-div@takawaki.co.jp
東京営業所 埼玉県川口市弥平4-5-24
〒332-0002
TEL.048-224-4191(代表)
FAX.048-224-4192
tokyo@takawaki.co.jp
佐野営業所 栃木県佐野市田島町275-1
〒327-0031
TEL.0283-24-8044(代表)
FAX.0283-24-7568
sano@takawaki.co.jp
仙台工事事務所 宮城県岩沼市大手町6-35
〒989-2442
TEL.0223-36-8326(代表)
FAX.0223-36-8327
sendai@takawaki.co.jp
大宮事務センター 埼玉県さいたま市大宮区大成町1-127
〒330-0852
TEL.048-654-0931(代表)
FAX.048-654-0930
plan-sec@takawaki.co.jp
鴻巣機材センター 埼玉県鴻巣市上谷1846-1
〒365-0027
TEL.048-507-1512(代表)
FAX.048-507-1512
軽井沢研修センター「時習館」 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉9-155
〒389-0111
西高尾マンション(社宅) 埼玉県北本市西高尾5-240-1
〒364-0035
保有機械一覧 ※型式の後ろの【 】は、NETIS登録番号
機械名 型式・能力
クローラクレーン 7045
クローラクレーン 7050G 【KT-120107-VE】
クローラクレーン 7055
クローラクレーン TK550
クローラクレーン 7070
クローラクレーン TK750S
クローラクレーン 7090G 【KT-120107-VE】
クローラクレーン BM900
クローラクレーン BM1000G 【KT-120107-VE】
クローラクレーン BM1000
クローラクレーン 7120G 【KT-120107-VE】
ラフタークレーン RK250以上各種
ラフタークレーン RK-250-8 【KT-130062-A】
杭打機 DHJ08-2
杭打機 DHJ15
低空頭対応型杭打機 パイルマン88
低空頭対応型杭打機 SPD1325
三点式杭打機 DH658
油圧ハンマー NH-70型
油圧ハンマー NH-100型
バイブロハンマー 電動式普通型(40kW〜120kW)
バイブロハンマー 油圧式(THV25型〜45型)
バイブロハンマー 公害対策機 LSV
バイブロハンマー 公害対策機 ZERO80VR
バイブロハンマー 公害対策機SR-45
機械名 型式・能力
ディーゼル発電機 150KVA〜400KVA
ジェットカッター SJ-125〜300
エンジンコンプレッサー PDS750S
エンジンコンプレッサー PDSK900S
アースオーガー掘削機 各種
アースオーガー掘削機
(Wオーガー)
各種
エンジンウェルダー DGW310MD 【CG110023-VE】
小型トラック 各種
油圧圧入引抜機
(無騒音・無振動)
鋼矢板2型〜4型
鋼矢板5L/6L型及び 広幅鋼矢板
打込可能
トレンチパイラー STP-30
ハット形鋼矢板圧入機 ECO900
スーパークラッシュ SCU400M
サイレントパイラー F101 ECO82
クリアパイラー CL70A
クランプクレーン CB2-9
パイルランナー PR1
ノバルハンマー NV-45型・55型
ダウンザホールハンマー 各種
拡径マシン SF-70R
ロータリーテーブル RTP-680TW
沿革
■設立から今日まで、■資本の推移■認定取得等■トピックス
昭和35(1960)年 2月 東京都中央区日本橋に資本金40万円で有限会社高脇組を開設
昭和38(1963)年 4月 株式会社高脇基礎工事に組織変更
資本金100万円に増資
本社及び東京営業所を東京都台東区東上野に移転
昭和39(1964)年 6月 埼玉営業所を埼玉県北本市に開設
資本金300万円に増資
昭和42(1967)年 7月 資本金1,000万円に増資
昭和45(1970)年 8月 資本金2,100万円に増資
昭和49(1974)年 8月 資本金3,100万円に増資
昭和51(1976)年 10月 資本金4,500万円に増資
昭和56(1981)年 4月 佐野営業所を栃木県佐野市に開設
平成元(1989)年 5月 資本金9,832万円に増資
7月 資本金24,832万円に増資
平成2(1990)年 6月 東京営業所を埼玉県八潮市に移転
平成3(1991)年 2月 資本金44,332万円に増資
株式会社高脇鉄鋼販売リースを合併
本社を埼玉県北本市に移転
平成4(1992)年 7月 事務センターを東上野から埼玉県大宮市(現さいたま市)に移転
平成5(1993)年 6月 機材センターを栃木県佐野市に開設
平成6(1994)年 1月 鋼管杭・中掘拡大根固め工法:TBS工法(建築)の開発をし、建設大臣の認定を取得
平成9(1997)年 1月 鋼管杭・中掘拡大根固め工法:TBS工法(土木)を開発し、(財)国土開発技術研究センター(現(財)国土技術研究センター)より技術審査証明を取得
6月 技術・研究開発を主に行う部門として技術部を本社内(埼玉県北本市)に開設
8月 TBS工法の普及・拡大を目指して「TBS工法協会」を設立
平成11(1999)年 3月 中国、揚子江災害における堤防補強工事の技術指導に参加
平成12(2000)年 7月 埼玉県より「小川(川向)待機宿舎ほか解体工事」を初めて受注
平成13(2001)年 8月 関東地方整備局より「鬼怒川砂面計設置工事」を初めて受注
平成14(2002)年 5月 鋼管杭・中掘拡大根固め工法:TBS工法(土木)を改良し、(財)国土技術研究センターより道路橋示方書(平成14年3月)規定の中掘り杭と同等以上の支持力を有することの技術審査証明を取得
平成15(2003)年 2月 埼玉県より「川口木曽呂教職員住宅解体工事」を受注
4月 (社)発明協会埼玉県支部より発明考案及び創意工夫により経済的効果に顕著であったことが認められ、当社から3名が受賞
平成16(2004)年 3月 産業廃棄物(汚泥、廃油等)から良質のコンポストの製造を行う「よりいコンポスト(株)、埼玉県寄居町」の株式を当社などが取得し筆頭株主となる
平成18(2006)年 8月 鋼管杭先端拡大根固め工法:TBSR工法を住友金属工業(株)と共同開発し、国土交通大臣の認定を取得
10月 東京営業所を八潮市から川口市へ移転
平成19(2007)年 5月 特許:第3954465号「拡径掘削装置および管杭造成方法」登録
平成20(2008)年 7月 国土交通省高崎河川国道事務所より「平成19年度 優良下請企業及び優秀下請技術者」として、事務所長表彰を受ける
9月 埼玉県より「北部流域元荒川幹線埋設物撤去工事」を受注
平成21(2009)年 1月 宅地建物取引業法により宅地建物取引業者「(1)021568号」として埼玉県知事の許可を取得
10月 鋼管杭先端拡大根固め工法:TBSR工法(住友金属工業(株)と共同開発)で使用されるくい材が既認定では鋼管で規定されていたが、新たに外殻鋼管付きコンクリートくいを中くい及び上くいに使用できる国土交通大臣の認定を追加取得
平成22(2010)年 7月 国土交通省利根川上流河川事務所より「平成21年度 優良下請企業及び優秀下請技術者」として、事務所長表彰を受ける
平成23(2011)年 12月 TBSR工法における使用杭材料について、住友金属工業株式会社、株式会社高脇基礎工事、日本ヒューム株式会社、日本高圧コンクリート株式会社の4社共同開発による既製コンクリート杭の適用を追加申請し、国土交通大臣の認定を取得
平成24(2012)年 6月 タイ王国、2011年洪水被害における洪水対策防水壁設置に伴う施工技術指導に協力
平成25(2013)年 1月 太陽光発電システムを導入し、売電を開始
3月 仙台工事事務所を宮城県岩沼市に開設
9月 仙台工事事務所おいて、東北地区石巻市復興関連工事を受注
平成26(2014)年 6月 軽井沢研修センター「時習館」開設
10月 ベトナムから技能研修生2名を初めて受け入れ
平成28(2016)年 4月 鴻巣機材センター開設(太陽光発電システム導入)
6月 社宅の管理運営の開始
11月 ベトナムからの技能研修生を1名増員する
平成29(2017)年 2月 解体工事業の建設業許可を取得
ベトナムからの技能研修生を1名増員する
3月 測量法に基づく測量業者として登録